メールBOX
初めての方へ Pプロ通信 ココだけのパセリ伝説 みんなの広場 お便りコーナー倉橋燿子作品紹介 大人の方へ

memory03の最近のブログ記事





「行くな、パセリ! 行っちゃダメだ!」
 声とともに、秀人がかけこんでくる。隼人がお母さんとパセリの前に立ちはだかる。
「秀人、おまえ・・・・・・。」
 隼人が秀人をにらみつける。
「パセリは兄貴たちにだまされてるんだよっ!」
 秀人が早口でさけんだ。
「えっ。」
 パセリは秀人を、そして隼人を見た。






あ???、切ないっ! 何度も泣いちゃいました。
裏切った隼人君も切ないけど、救いにきた秀人君も切ない。
でも、裏切られても、それでも隼人を信じようとしたパセリがいちばん切ないっ! 
この場面、忘れられないです。
人って・・・って、すごーくまじめに考えさせられちゃいました。
(三重県 U.Fちゃん 15歳)

うまく言葉にできないけど、胸がキュンッとします。
パセリが隼人の心の中に入っていってからのシーンは、
隼人が裏切るのもしかたないなあって思わせる。
人にはみんな、それぞれの過去や事情があるんですね。そ
れを教えてくれた倉橋先生、ありがとうございました。
(東京都 M.Yちゃん 13歳)

やっぱり隼人君は裏切ってたんですね。すごいショック! 
でも、秀人君は助けにきた。わたしは最初から秀人君のほうが信じられる気がしてた。
でも、隼人君だって、いろいろ悲しいことがあったわけだし・・・。
うーん、わかんなくなっちゃった。とにかくすごいシーンで、ビックリッ!!!!!
(京都府 I.Gちゃん 12歳)










じゃあ、はなればなれにならないように、みんなで集まろう。」
 パセリは、とびはねているペンダントを首からはずしてにぎりしめる。
「みんなも、わたしの手の上に手を重ねて、アイスランドのことを思いえがいてみて。」
「はっ、アイスランド? パセリ、いったいなにをするんだべ?」
 不安にかられたように、清太郎の声が弱々しくなる。
「静かに。」
 パセリは言うと、意識を集中させるように目を閉じた。そして、さっき見たアイスランドの光景を思いうかべる。すると、ゼリー状のものが渦のようになって、大きくうねりはじめる。
「まさか、まさか、まさかー!」
 清太郎があらんかぎりの声でさげぶ。
「た、助けてー!」
「だいじょうぶだから。静かにしてちょうだいっ、清太郎!」
 マリモがどなる。パセリはそうした声にまどわされないように、意識をただアイスランド一点に集中させた。






このシーン、大好きです! パセリをいじめてたマリモまでが、
すっかりみんなの中に溶け込んでて、友だちっていいなぁって、改めて思いました。
(大阪府 R.Eちゃん 11歳)

これから子供たちだけで、ミラクル・オーでアイスランドに出かけるんでしょ? 
すごいです。想像もできないほどすごいことなのに、とても自然な感じで、おもしろかった。
こういうのをリアル・ファンタジーっていうのかなぁ。
(神奈川県 T.Sちゃん 12歳)










そりはしゃんしゃんと、犬の首輪につけた鈴の音をひびかせながら出発する。ステファンはパセリたちが乗ったそりを見守るように、そりの少し上を飛んでいく。
 少しすると、暗い空の中に、ほんのりと黄緑色した光がうねるようにあらわれた。光はまるで噴煙のようにもサーチライトのようにも見えながら、刻々と形を変えていく。
「わああああ・・・・・・。」
 みんながいっせいに声をあげる。
「オーロラですよー。」
 ペガサスに乗ったステファンが、空からさけんだ。







ワァァーー、楽しそう! 
あこがれちゃうよー。うらやましいなあ。みんなの歓声が聞こえてきそう・・・♪
(鳥取県 K.Nちゃん 10歳)

なんだかイラストを見ているだけで楽しくなっちゃいます。
イラストを見ているだけで、わたしも仲間になったみたいな気分になりました。
みんながこんなふうに仲良くなって、わたしもうれしいな。
(栃木県 E.Mちゃん  12歳)




このバックナンバーについて

このページは、
カテゴリ『memory03』
記事の一覧です。

⇒前のカテゴリ
memory02

⇒次のカテゴリ
memory04

⇒ブログのトップに戻る
⇒バックナンバー一覧

     

リンクフリー